安定化電源 第一電波工業 GS-400Sの修理とグレードアップ

20年くらい前に購入した第一電波工業のGS-400Sのスイッチを入れたら正面のLEDが点いたり消えたりする様になり、テスターで確認しても電圧が安定しなく非安定化電源になってしまいました。
f0231038_18451778.jpg

調べると電源スイッチの接触不良が原因でした。
この手のロッカースイッチはパソコンのATX電源にも使われてるせいか、各社から発売されているので入手も容易です。
初めて内部を見たのですが、低価格の製品ながら723を使った一般的な回路の様です。
しかし平滑用の4700μFの電解コンの頭が少し膨らんできており、このまま使うには心配なので精神衛生上、他の電解コンも含め3個共、国内メーカーの105℃品に交換しました。
f0231038_18451800.jpg

f0231038_18451825.jpg

また、ついでにCRD内蔵の電球色LEDを使いメーターを照明させて、少し高級感を出させました(笑)
f0231038_18451912.jpg

f0231038_18451975.jpg

この電源はコストダウンの為か、ヒートシンク代りに背面側に厚み1.5mm程のアルミ板で代用されており1分ほど2Aも流すと触れないくらい熱くなるので、LSI製のヒートシンクを使って背面に取り付けました。
本来なら大きな穴を開けてトランジスタやブリッジを直接ヒートシンクに取り付けた方が放熱効果が高いのですが、手抜きをしてセンターとトランジスタ、ブリッジダイオードの計3ヶ所を穴開けした後にタップを切り、シリコングリスを塗って背面パネルに取り付けました。
f0231038_18451904.jpg

f0231038_18451955.jpg

8.2Ωのホーロー抵抗があったので、ヒートシンクの効果を確認するのにパラにして3A程流れるようにして連続負荷テストをさせてみました。
f0231038_18451842.jpg

トランジスタは暫くすると80℃くらいになりましたが、ヒートシンクは60℃くらいで飽和してそれ以上は温度が高くならないのできちんと自然冷却が出来ているようです。
f0231038_18451851.jpg

これなら古い10W機で使う程度なら長時間の運用も可能な感じです。


[PR]

# by emu_99 | 2018-02-18 18:54 | 自作・キット・部品 | Comments(0)  

安定化電源 第一電波工業 GS-400Sの修理とグレードアップ

20年くらい前に購入した第一電波工業のGS-400Sのスイッチを入れたら正面のLEDが点えたり消えたりする様になり、テスターで確認しても電圧が安定しなく非安定化電源になってしまいました。
調べると電源スイッチの接触不良が原因でした。
f0231038_18451778.jpg

この手のロッカースイッチはパソコンのATX電源にも使われてるせいか、各社から発売されているので入手も容易です。
初めて内部を見たのですが、低価格の製品ながら723を使った一般的な回路の様です。
しかし平滑用の4700μFの電解コンの頭が少し膨らんできており、このまま使うには心配なので精神衛生上、他の電解コンも含め3個共105℃品に交換しました。
f0231038_18451800.jpg

また、ついでにCRD内蔵の電球色LEDを使いメーターを照明させて、少し高級感を出させました(笑)
f0231038_18451912.jpg

この電源はコストダウンの為か、ヒートシンク代りに背面側に厚み1.5mm程のアルミ板で代用されており1分ほど2Aも流すと触れないくらい熱くなるので、LSI製のヒートシンクを使って背面に取り付けました。
本来なら大きな穴を開けてトランジスタやブリッジを直接ヒートシンクに取り付けた方が放熱効果が高いのですが、手抜きをしてセンターとトランジスタ、ブリッジダイオードの計3ヶ所を穴開けした後にタップを切り、シリコングリスを塗って背面パネルに取り付けました。
f0231038_18451904.jpg

8.2Ωのホーロー抵抗があったので、ヒートシンクの効果を確認するのにパラにして3A程流れるようにして連続負荷テストをさせてみました。
f0231038_18451842.jpg

トランジスタは暫くすると80℃くらいになりましたが、ヒートシンクは60℃くらいで飽和してそれ以上は温度が高くならないのできちんと自然冷却が出来ているようです。
f0231038_18451851.jpg

これなら古い10W機で使う程度なら長時間の運用も可能な感じです。


[PR]

# by emu_99 | 2018-02-18 18:54 | 自作・キット・部品 | Comments(0)  

ヤフオクにて

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s566463498
珍しくMK-610が出品されているなと思い、商品説明を見たら覚えのある文面が...。

http://emu99.exblog.jp/16709915/
このMK-610が発売されていた当時、50MHzはICOMからIC-502、TRIO(KENWOOD)からTR-1300が発売されていて、SSB化が進んでいましたが、まだまだRJX-601も人気があって、AM/FMがオンエアーされていました。
そんな50MHzの変貌期にMK-610は、ピコ6と同じ様にメイン基板が完成・調整済となっているワイヤードキットと完成品の2種類で販売されました。

f0231038_00361368.jpg
hamayanen1021さん
https://auctions.yahoo.co.jp/seller/hamayanen1021

承諾無しで全く同じ文面をそのままコピペして貼るのは出品業者としてどうかと思いますよ。

------ 2/2 追記 -------
Q&Aから問い合わせてましたが回答も謝罪も無く、出品を取り消して指摘した箇所を削除し11時20分に再出品しました。

[PR]

# by emu_99 | 2018-02-02 00:32 | Comments(0)